February 25, 2009

米大統領の初演説を聞いて




ビーズ細工を作りながら
オバマ米大統領の議会初演説をぼんやり聞いた。

経済・医療・教育の3本柱の改革。理想的な内容だった。
今回の恐慌の元凶を生み出したファンドやノンバンクや投資家たちは
説明責任を追及される。 市場にも政府が介入し監視し、
物造りや創造の現場を重視して産業を立て直す。
これが実現すればアメリカ国民は安全な生活を取り戻せるだろう。
懸念されるのは、アフガニスタンの問題か・・・

ただ、これはアメリカ人にとっての政策だ。
日本がこのままで突き進むなら、
日本人は更に厳しい状況に追いやられるだろう。
今まで、アメリカ頼りの貿易にぶら下ってきたけれど、
これからは、そう簡単にゆきそうにない。
なのに、まだ企業の国際競争力を維持するためになんて言って、
労働者を犠牲にしている。

エコビジネスと言ったって、アメリカに主導権を握られて
気が付けば日本は骨抜きにされそうな気がする。

それに地球温暖化とかCO2排出権とか、今、叫ばれてるエコって
結局、商売の合言葉で、地球や生物や人間にとって本当に
優しいのか?・・・って、疑ってしまう。

また地方の疲弊ぶりはどうだろう。
グローバル化にすっかりやられて疲れきっている。
地方が閑散としているから、みんな中央ばかりに目がいって
都会に出て行く。
このままじゃ中央だってパンクしちゃうんじゃないのか?
悪循環。
資源のない小さな島国の日本なのだから地方を立て直すのが
セーフティネットの近道なんじゃないだろうか・・・

そして欧米ばかりに目を向けているけれど、
日本はアジアの一員だ。本当は、アジア諸国とネットワークを組み
お互いに尊重し合える関係になるのがいいと思う。


まだまだ勉強不足だし、考えだしたら切りがなくて全く書き足りないけれど、
強引にまとめれば、

何故、今の日本は身の丈に合った幸せをみつけようとしないのだろう・・・



追伸:最近のわたしについて
半年前から、美術館で行われている日本画講座(後期)に通っている。
3月の最後の1講座を残して後期講座は終了。習作展を残すのみ。
今年度の前期(6ヶ月)は日本画講座は予定されてないらしい。
もっと、習いたかったのに残念。
前期は、デッサン講座か水彩画講座に応募しようかなぁ。




14:41:54 | chil | | TrackBacks

January 29, 2009

わたしは風邪をひいています。




おげんきですか?
しあわせですか?
風邪ひかないでね。
あたたかくして
おやすみなさい。





01:22:08 | chil | | TrackBacks

October 31, 2008

夜の航海




風邪をひいている。
喉が痛い。

ずっと眠って たくさん夢を見て
寝付けない。


むかし、まだずっとずっと若かった頃のむかし
中島らもの
この世は暗闇で君は光。光の君だけが生きる糧。
という趣旨の言葉を読んだ。

若くて希望しか知ろうとしなかった頃のむかし
らもさんを痛々しく感じ
切なく思った。

切なくて美しいと思っていた。



だんだんと年を重ね そうして
この世は闇だと知った。
この世は希望の光であることを願うにもかかわらず
この世は闇だと思った。


暗い闇夜の海を航海し その中で
ほんの一瞬の光のキラメキを目にすることができれば
人はそれだけで生きていける。





03:01:56 | chil | | TrackBacks

October 13, 2008

この世界に独り




メイが亡くなった。

もう1ヶ月以上前の出来事だ。

8月の暑い日の午後だった。






00:20:58 | chil | | TrackBacks

August 05, 2008

奇跡




メイが帰ってきた!



昨日、夢をみた。メイが帰ってくる夢・・・

そして、先ほど、本当に!本当に!
メイが帰ってきた!

7月25日の早朝から行方が分からなくなっていた。
朝ご飯を無理矢理 食べさせて、薬を飲ませて、
それから・・・ どこかに隠れてしまった。
メイのいない日々・・・

リンパ腫は肺全体に広がっていたし、食欲もない、
動きにも かつての機敏さはなく、加えて猛暑
病院に電話をすると、もって1週間と言われた。

メイを思い出しては、ぐすぐす泣いていた。


いったい どこへ行ってたの?


更に痩せて、真っ黒に汚れて、
食事もやはり受け付けない、

それでもメイは帰ってきてくれた!


生命力
生きることの可能性
まっとうしようとする姿勢
諦めない
強さ


小さな弱ったメイをみると、
悲しくて、でも、

わたしも強くなれるように
がんばるから




01:10:21 | chil | | TrackBacks